読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重たい女歴31年のわたしが色々書くブログ

日々雑感 タイトル設定から+1年が経過しています

大麻の話を少々。

文化の違い 生活 健康

f:id:maromii:20161027082043p:plain

出典:Wikipedia

この画像は、大麻が合法化非合法か、非合法だと重い罪なのかそんなんでもないのかを表したものだそうです。

ざっくり、青は合法、オレンジは非合法だけど犯罪じゃない、ピンクは非合法だけど実施されない、赤はダメゼッタイ、白は情報なし、だそうです。

 

突然ですがワタクシは、この地図のピンク色の国に住んでいます。国別の記載のところでは、所持と入手は大目に見るよ、となっていました。

 

日本での(医療)大麻推進をされていた高樹沙耶さんという方が逮捕されたそうで、ちょっと話題ですね。

www3.nhk.or.jp

 

なんとなく現在は日本のニュースには外野的な感覚でいるのですが、日本の中にいる人よりは大麻が身近な環境にいるので、もしかしたらちょっと違う視点なのかもと思い、記録に残します。

 

まず、高樹沙耶さんについては、ブックマークでもコメントしたように、今現在所持は犯罪になるという所に居て所持していたんだからもうダメ、医療用大麻の解禁を訴えていたのなら、余計手を出しちゃイカンでしょ、と思いました。そういう活動している人こそクリーンなイメージでクリーンな生活して偏見を変えていくべきじゃないかな、と思いました。いや高樹さんはすでにクリーンじゃない、そっち方面のイメージが付いていたのでしょうけれども。

インターネットで言われているように、使用したかったら合法のところへ行けばよかったのにと思います。(わたしの大好物のタラレバ論です)

嗜好用大麻が解禁になったら存分に楽しめば良かったのにね!

 

で、大麻そのものの善悪論は人それぞれ様々な意見があるかと思います。日本ではダメゼッタイである以上、使用はおろか研究すらできませんので、「実際のところどうなの?」という一言に尽きると思います。伝聞しかないかと。※日本国内で非合法的に使用したりしちゃう悪い人を除く。

 

なので憶測ではありますが、事実としてはこんな感じかと思います。あくまでも個人的な意見です。

  • 大麻は吸ったら一環の終わりの麻薬だ!→薬というか化合物?の類ではないので麻薬では無い。いわゆる「ケミカル」ではないかと。現に合法の国があるので、使ったらドロドロの依存地獄にすぐ堕ちるわけではない。
  • アルコールはどうなんだ!→アルコールも時と場所によってはダメゼッタイである。だからと言って大麻のお話にアルコールを持ち出すのはナンセンスかと。時代や場所によって禁止されたり解禁されたり、宗教によって必要だったり禁止されたりと似てはいるけど。
  • 自動車の運転はどうなんだ!→大麻が国によって合法だったり大目に見られたり非合法だったりと異なっていますが、国によって酒気帯び運転の基準値も罰則も異なるのでどうなんでしょうね。この国では大麻吸引後運転している人が少なからず居ますので、大麻を吸ったからと言ってすぐ事故になるわけではないです。飲酒運転もポピュラー(といったら語弊がありそうですが)です。でも飲酒運転も大麻吸引後の運転も倫理的にはよろしくありません。日本は法治国家だから法律作れば良いんじゃないでしょうか。
  • 解禁にならないのは製薬会社の陰謀だ!→陰謀論というのは嗜好の一種だと私は思っています。で、私自身は陰謀論は眉唾ものと思っています。これも現に合法化している場所がありますので、しかも超大国であり陰謀論の渦中になりがちなアメリカだったりもしますので、そんな悪の権化みたいな存在ではないように思いますよ。話は変わりますが、この国にはそこらじゅうにフリー◯◯ソンのシンボルマークが付いた建物があります。敢えて伏せ字にすることで、その嗜好の人の食指をくすぐる作戦です。

 

個人的な意見としましては、今の日本にこそ大麻は必要と思っています。

精神科や心療内科の初診に何ヶ月も先の予約をしなきゃいけないくらい、今の日本は病んでいます。

そして精神科も心療内科も存在しないであろうこの国に居て、この国の人もそれなりに辛い思いをして生きている人が多いと感じています。辛い思いをしている人の逃げ道の1つが大麻です。

そして、この国よりも日本の方が絶対病んでます。絶望的に病んでいます。

一流の大学を卒業した未来ある若者が一流の広告代理店の激務な文化に潰されて自殺したりなんていうことは、この国の人が聞いたらビックリ仰天することでしょう。(まぁまず長時間の残業という概念が無いのでそこからすでにビックリですけどね。そもそも広告代理店なる業種も存在していないでしょうし。)*1

大麻では日本の病んだ社会には何の解決にもならないだろうけど、辛い人の逃げ道の1つくらい増えても良いんじゃないでしょうか。

それこそ法をしっかり整えて、税もたっぷり取れば、お国的にも良いんじゃないでしょうか。ちょっと流行った「特区」とか作っちゃったりして。謎の化合物が「危険ドラッグ」とか何とかと呼ばれて蔓延するよりはマシでしょう。ジャパニーズマフィアに行ってしまうお金が、日本の懐に入った方が何かと良いでしょう。

精神科のお薬の乱用も若干問題になっていますが、一日何十錠も服用している人の一部が、一服に置き換えられるのならそれで良いんじゃないでしょうか。

大麻の一服で月100時間を超える残業が可能になる人が増えれば、企業的には儲けものになるかと思います。*2 大麻の一服で「こんなのやってられねーわたしはエコでロハスなコミューンに移り住んでグルの指導で真理に至るんだー」って長時間残業の歯車から抜け出す人がいれば、その人の精神衛生的には儲けものになるかとも思います。

そこまで極端にいかなくとも、煙草を吸う人と同じように、仕事の後の一服で気持ちを和らげたり、貴重な休日をのんびりと心安らかに過ごしたりする人が増えれば、今の日本の何ともディストピアな世相は今後変わるかもしれません。

 

何とも息苦しい世の中ですから、ちょっと変わってみるのも良いんじゃない?というお話でした。

 

ご質問等がありましたら、ツイッターでもなんでも送っていただければと思います。日本の中にいない人の観点でお答えできると思います。

 

余談。

この国は大麻より煙草の方が割高らしく、煙草を吸いたくてもなかなか買えないため、受動喫煙が嫌な人にとってはなかなか良好な空気環境です。

 

余談その2。

この方のエントリーもとても参考になりました。

海外に行ってしまわれたお友達さんも、日本で経済活動の一助になった方が何かとハッピーかと。

sakenominimal.hatenablog.com

 

余談その3。

実は私元喫煙者でした。就活が辛くて吸い始めました。就職して1年後に本社勤務になって、接客業から行政事務に業務内容が変わったことで周りに吸う人がいなくなったので、肩身が狭くなって禁煙を決意しました。習慣中毒だったのでとても大変でした。以来10年近く、全く吸っていません。大麻の依存性の話もちょくちょく耳にしますが、煙草の方が大変かと思います。でも大麻は精神依存とかいうのがあるので、ズブズブにハマっちゃうと止めたい時に煙草と同じように大変かもしれませんね。

 

余談その4。

中毒と言えばつい先日、とあるスマホゲームの中毒になりかけました。

 これです。

幸いにして、サービス終了間近だったため、一晩だけプレイして止めました。同じようなきせかえRPGのおすすめがあったら教えてください。切実です。きせかえで遊びたいです。きせかえゲーム中毒です。

でもこのゲーム、ブレイブリーデフォルトに似ていますね。ブレイブリーデフォルトをやればいいかな? 

 こんなの見つけた。あとでやってみよう。

 

  

 

 

*1:面白くも悲しいことに、出版社が無いんですよ。あと芸能界も無い。

*2:大麻って覚醒剤と違うから、ずっと働く系の作用ではないです。辛い辛いという気持ちが薄れてどうでも良くなる感じです。そして作用自体も2時間くらいで薄れて消えちゃいます。と、ネットで聞きかじったり、使ったことのある人から聞きました。

日本では売っていない!?缶入りの牛乳について

生活 文化の違い 食べ物

牛乳は古くから栄養価の高い飲料として一般的に飲まれてきた一方、最近は「牛乳は牛の乳、人間には不要!」なんて意見も出てきてよくわからない世の中になってきています。

わたし自身はそこまで好んでは飲まないけれど、栄養補給にたまに飲みたくなったりします。あとコーヒーや紅茶には牛乳かクリームを入れたいタイプです。

 

この国では、牛乳は常温販売です。

チーズとかヨーグルトはガラスの冷蔵ケースに入っていますが、牛乳は紙パックのものが常温で棚に並んでいます。たまにチーズも常温のところがあります。

紙パックの牛乳は、常温保存可能なものなのだと願っております。

 

そしてある日、土井さんにこんなものを勧められました。

f:id:maromii:20161022074057j:plain

 缶の牛乳です!

 

最初てっきりコンデンスミルクとかそういう系かと思っていたんですけど、ちゃんと(?)普通の牛乳です。

f:id:maromii:20161022074935j:plain

メイドインオランダの模様です。

でもネットで調べたら、この牛乳屋さん自体は中東の会社みたいです。んで、その中東の会社はヨーロッパとアジアとアフリカの企業連合のようですが、すいません、詳しいことよく分かりません。

なんかほら、超大国アメリカとかによくあるんですけど、本社はアメリカにあるけど作っているのは世界各国だったりで、一体全体メイドインどこなの!?と思うことはあります。日本だとドコ産っていうのをよく見る習慣があるので、たまに気になります。

 

気になるお味の方は、濃くて美味しいです。

缶の牛乳に慣れてないわたしは「本当に飲用なのか、ホイップクリーム用じゃないのか」とか勘ぐってしまっていたのですが、本当にそのまま飲むためのものの模様。

そしてこれも紙パックと同様で、常温で売っています。

乳製品はちょっと気になるので、わたしは購入後は未開封でも冷蔵庫に入れています。

 

見かけてもいないし興味もなかったのですが、こういう缶入り牛乳って日本で売ってないのでしょうか?

乾パンや缶詰のように、非常用として長期保存できる、みたいなのがあれば便利かなと思った次第です。

 

インターネットで調べてみると、どうやら製造されてはいるようです。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

マイナーなメーカーじゃなくて、大手のサントリーから出ているみたいです。知らなかったー!

products.suntory.co.jp

 

で、知恵袋によると、殺菌の際に変質を防ぐために添加物が必要になるそうで、その兼ね合いで「生乳」としての表示はできないそうです。

ちなみにこの製品も常温保存可で、消費期限は12ヶ月だそうです。ふむふむ。

 

じゃあRAINBOWの缶牛乳も色々入っている「乳飲料」なのかな?と思って見てみたら、やっぱり色々入っているようです。食品衛生法とかそういうのは無いので、ミルクはミルクですね。

f:id:maromii:20161022080029j:plain

 

話は変わるんですけど、この間ちょっとしたツテで、搾りたての牛乳を戴きました。殺菌とかしてない、ダイレクトに乳からの乳です。牛の乳からのダイレクト牛乳です。

後味がちょっと癖があって「乳!」って感じでした。ちち、というかニュウというか。

それよりはこっちの缶牛乳の方が好きだな、わたしは。

 

この缶の牛乳は、ナイフでちょっとだけ穴をあけて、ストローを挿して飲んでいます。グラスに開けたほうがお行儀が良いのでしょうが、グラスを洗う手間もなく便利な方に走っています。

土井さんが居た時は包丁で器用に開けてくれたのですが、今はちょっと開けるのも一苦労です。

ちなみに缶切りなんてそんな便利なものは存在しません。日本から持ってくればよかった。

 

RAINBOWミルク、一体どこの国で売っているのか不明ですが、おすすめですので見かけたら是非試してみてください。

 

そして日本の缶の牛乳飲んでみたいです!

サントリー 草原物語ミルク×30本

サントリー 草原物語ミルク×30本

 

 

でも正直、サントリーのミルクと言えばコチラのほうが断然好み!!! 

サントリー いちごミルク 190g×30本

サントリー いちごミルク 190g×30本

 

 Amazon欲しいものリスト更新中。 

 

美味しい赤ワインと出会った話

生活 食べ物

この国はワインはあんまり出回ってなくて、専らワインじゃないアルコールがよく飲まれています。

ちなみに関税100%かかっているので、輸入ワインなんか結構割高に感じます。国産ワインは製品化されてないんじゃないのかな?自家製のものが路上販売されているのは見かけたことがあります。といってもぶどう酒じゃなくて果実酒ですが。

さらに若気の至りでワインには良い思い出があまりないので、余計足が遠のいていました。

 

つい数日前、ひょんなことから知り合いに美味しいワインを教えてもらったので、自分のために記録に残します。

 

こちら

f:id:maromii:20161019100858j:plain

すいません。当初はインターネット上に記録を残す気がまったくなかったので、きれいに撮っていませんでした。

 

Riunite Lambruscoリュニティ ランブルスコです。

詳細はこちらから。イッターリアゴー(イタリア語)ですがスペイン語ラテン語あたりイケる人はなんとなく意味が伝わる感じです。

www.riunite.it

 

ランブルスコって、赤ワインのシュワシュワなんですって。

ランブルスコイタリアエミリア・ロマーニャ州でつくられる、天然弱発泡性の赤ワインである。 

出典元:Wikipediaより

 

今までシュワシュワは白ワインのものしか知らなかったんだけど、美味しいです、赤いの。

戴いたのは、お料理に使った後の余りで、一本まるまるではなかったんですけど、もし一本まるっと戴いたとしても、すぐ飲みきっちゃったであろうくらい飲みやすかったです。

あと戴いた種類が甘口だったのも良かった。

赤ワインって後味ぐわっとして苦手な飲みくちが多い印象だったんですけど、これは微発泡なのでふんわり甘さが広がって、どんどん飲める気になってしまいます。

 

そういえばどこかで、未亡人というか対象喪失を経験した人はアルコール中毒になりやすいと見かけたことがあって、お酒には頼らないように気をつけていたところでした。

実は土井さんと週に一回は行きつけの飲み屋に行ったり、普段も家でスタウトを飲んだりと、お酒の思い出が多かったりします。

スタウトはケースで買ってお小遣い節約していたんです。しかも買い替えたばかりのできごとだったので1ケースほぼ残った状態だったんですね。あちらのご家族に分けたり、彼の友人と飲んだりしているんですけど、最初の頃は一人で飲みきろうとして部屋で飲んだら、思い出がありすぎてものすごい泣き上戸になってしまったので、このケースが終わったら家ではスタウトを避けようかなと思っていたところでした。

 

ワインは彼との思い出が無いので、チャンスです!

何がチャンスというわけでもないですが。

 

ちなみにアマゾンでお気軽に買おうかなと思ったら取り扱いがありませんでした。

代わりに別の興味ある種類を「欲しいものリスト」に入れて置きましたので、この哀れで惨めな行かず後家に誰か恵んでくれないかな~(チラッチラッ

という気持ちでリンクを置いておきます。

www.amazon.co.jp

あとついでに、一緒に飲んでくれる人も募集中です。

こんなテレビドラマのような経験している人、日本じゃあまり居ないと思いますので、良い優越感に浸れると思いますが、いかがでしょうか?

心優しいもしくは心醜い方がいらっしゃったら、是非メールかツイッターにでもご連絡くださいませ。

 

 

 

レヴァリアース 完全版 (1)

レヴァリアース 完全版 (1)

 

 そういえば今ふと、この漫画の事を思い出しました。漫画を読んで泣くことのあまり無かったわたしを、若い時に涙させた作品です。もしかしたら初めての作品かも?

まさかこの漫画と同じことが起こるなんて、当時のわたしは梅雨とも知らず…。

その話はまたの機会に。