読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重たい女歴31年のわたしが色々書くブログ

日々雑感 タイトル設定から+1年が経過しています

Bath and Body Worksの4つの魅力について聞いて欲しい

Bath and Body Works

わたしは、ボディクリームやらボディソープが大好きです。

思い起こすこと数年前、わたしは親友とラスベガス旅行に行きました。

この旅行は親友の方が提案したもので、当初はギャンブルとマフィアというイメージでわたしはそんなに興味なかったんですね。

そして行ってみてぶったまげました。街まるごとエンターテイメントでした。

見事にハマって、翌年母親を連れてリピートしたくらいです。

 

ラスベガスで初めて訪れたのがBath and Body Worksです。

お店の写真撮ってないので、ウェブサイトのリンクを貼ります。

奥さん、いいからちょっと見てみてよ!

www.bathandbodyworks.com

このお店、初見でわたしをファンに落としこむくらい、すごくうまくできています。

f:id:maromii:20160917051757j:plain

写真は、お気に入りの香りの1つ、カントリーチックのボディローションです。

 

できているところその1:3つ買ったら3つタダ

これは、欧米ではよくある販売手法だったかと思います。

日本だと50%オフとかにするところ、逆に◯個買ったら◯個無料という売り方をするんですね。表記の違いですね。

Buy 3, take 3!!

のように書かれています。

セールの時は6個買ったら6個タダとかやっていました。

そして初ラスベガスは感謝祭期間、2回目はクリスマスシーズンだったため、大バーゲン期間にこのお店に立ち寄ることになったんですね。

結果、往路ではほぼカラだった預け入れ荷物用のバッグが、復路では無料重量ギリギリの23キログラムぴったりという奇跡を起こしました。*1

中身はもちろん、ボディソープとボディローションで占められていたという……。

 

できているところその2:店員さんが優しい

接客は日本のほうが異常なマニュアル社会ではありますが、外国のあのドライな接客はちょっと苦手だったりします。ガムクチャでこっちがお伺い立てないとダメという雰囲気は小心者には辛いです。

でもわたしが訪れたことのあるBath and Body Worksの店舗は、店員さんがかまってくれるんです。

きっと話しかけマニュアルに沿っているだけなのかもしれませんが、あのアメリカでかまってくれるお店は、自分の中では結構貴重です。

買いたい商品の候補が多すぎて選べない時は、店員さんにオススメを選んでもらったりしました。

 

できているところその3:品揃えが豊富すぎる

お店の写真がなくて申し訳ないのですが、すごいんです、品揃え。

品物の種類は、ボディクリーム、ボディソープ、ボディローション、フレグランス、除菌ジェル辺り、いわゆるバス・トイレタリー用品なんですけど、1つの香りでもそれぞれのラインナップがあるんですね。

そして気に入った香りが見つかったら、例えばボディクリームとフレグランス~とかラインで買っちゃいますよね。消費者心理的には。

そしてクリームなら容器別に2種(チューブかコンテナか)、ボディミストは容器1種といった感じなので、お店のディスプレイが整っているんです。成分的には1つの品だったらどれも一緒、香りの違いしかありません。

なので香りかパッケージのデザインで選ぶことになります。

このパッケージがまた乙女心をくすぐります。

加えて季節ごとに山程新商品が出る!!!

気に入ったものは複数買いで確保じゃー!!!!という気持ちにさせられます。

 

できているところその4:メルマガの写真が可愛い

ウェブサイトの通販はアメリカとカナダしか配送できないんですけど、広告の写真が可愛いので受信しています。

メルマガ受信しろとは言いません。ウェブサイト見てみてくださいよ。

上手いんですよ、撮り方が。

上手いんですよ、魅せ方が。

もう全部欲しくなっちゃいます。

アメリカ・カナダ以外にも配送してくれないかな~。

 

残念ながら日本にはまだ店舗が無いようで、セレクトショップか輸入代行とかで入手するしかないのかなと思います。

ちなみにわたしの住むところでは、セレクトショップが買い付けているので、比較的容易に入手できます。市場でも売ってる人がいます。

 

Bath and Body Worksの商品大好きなんですけど、でも所詮消耗品なんですよね。

次々買って次々消費したいけど、でも気に入ったものも思い出として残しておきたいと思っていました。

そこで、ブログに記録を残せばいいと気づいたんですね。

なので、自分の記録のために、たまに商品レビューを書こうかなと思っています。

 

ああ、なんだか完全にBath and Body Worksの回し者になっている。

 

 一応アマゾンでも輸入代行的なところから購入できます。

欲しくて欲しくて我慢できなかった時はアマゾンを利用したこともあります。

シーアイランドコットン結構好きです。

 

 

*1:わたしはアメリカに入国することになったら、スーツケースじゃなくて修学旅行用のボストンバッグで行きます。鍵付いてないやつ。