重たい女歴31年のわたしが色々書くブログ

日々雑感 タイトル設定から+1年が経過しています

RIPの意味を考える

f:id:maromii:20161004104347j:plain

RIPってご存知ですか?

最近は日本の人もよく使うようになってきているようですが、Rest in Peace の頭文字です。

もともとはラテン語でRequiscat in paceの頭文字を取ったようですが、わたしの周りではRest in Peaceの意味で使われることが多いようです。

ちなみにこの国は公用語は英語ですが、スペイン語母語の人の方が多いので、DEP、Descanse en pazというのも目にします。

日本語での意味は「安らかに眠れ」ですね。

 

わたしは英語をカッコつけて使う人がどうにも苦手で、日本人がRIP、RIPというのはちょっと気取っている風に感じて好みませんでした。

日本人になら日本人らしく「ご冥福をお祈り」して欲しいタイプでした。

更に言うと、個人的には冥福を祈るのではなく、できるだけお悔やみ申し上げたい方です。

まぁ日本語というのは難しくて、TPOが多分に関係してくるので、一概にどの言葉が正しいとかは言えないと思います。

あと大事なのは故人を偲ぶ気持ちかなとも思います。

 

土井さんはわたしと違って親戚友人がものすごく多いので、今回のことでたくさんの方にRIPと言われていました。

 

以前にもお話した気がしますが、この国は土葬なんですね。埋葬時にその場で蓋をする形式で、通常は一人一箇所です。*1

日本のように「一緒の墓に~」というのはありません。

 

そしてこの国は発展途上国ですので、様々な宗教が入り乱れています。

キリスト教アニミズムとエバンジェリカルキリスト教がごっちゃになっています。

日本みたいに神社で七五三、毎年クリスマスを祝い新年には神社で初詣、何かあったらお寺にお参りして御守買って、結婚式はキリスト式か最近流行りの人前式、そしてお葬式はお寺さんというのとまた異なったカオスです。

例えば土井さんの場合、お葬式は地元の教会だったんですけど、ペンテコステ派だったので牧師さんが熱血系の話し方で、加えて礼拝中に親戚が色んな歌を歌うので礼拝というより日本の「偲ぶ会」的な雰囲気で、お墓に埋葬する向きが西向きと決まっているんですけど、これは他人種の伝統から来ていて、そしてまた別の人種のアニミズムの影響で9日間喪に服します(日本で言う四十九日に相当)

わたしはわたしで、この国の現地の文化を尊重しつつ、お墓参りする時はジュースとフルーツとかお菓子とかをお供えして手を合わせてしまいます。

土井さんはビールが好きだったのですが、アルコールは神の国へ行けなくなるそうなので、お墓には持ち込まず、自室で彼を偲んで飲みます。

ちなみにお墓に通っているのは、この国の文化でも日本の文化でも特定の宗教でもなく、単純に生前そういう約束をしてしまったからだったりします。

こんなことになるなんて思ってもみなくて、老後の話として約束してたんですけどね。

 

そして話が逸れてしまいましたがそのRIP、彼の墓前に通って最近ようやっと意味が分かって来ました。

彼はお墓、わたしが立つその下に眠っているんですね。現在進行系で。

いや、すでにもう腐敗して白骨化しているとは思います。

でも、火葬してお骨になるのではないので、そこに居るんです。

あと、生々しい話ですが全面コンクリなので土に還るというのともちょっと異なります。

彼の血と肉はまだそこにあるんですね。

彼の最期の姿は、群青色の美しい棺の中で眠っているイケメンのままわたしの中で記憶されています。

だから、RIP、安らかにお眠りください、というのが最も適しているんですね。

 

お金のあるお家ではなかったので中学校に通うのを諦め、小さい頃から働きに出て、最近は今まで培ってきた技術でもって自分で会社を起こすことを計画していました。

前のコモンローワイフさんとの間に出来た娘ちゃんたちを支えて、そしてわたしとコモンローではなく正式に結婚することを考えていたそうです。

お母さんは病気で体調が芳しくなく、兄弟でお金を出し合って検査費用を工面したりして、そのお母さんが最も信頼して困った時に頼っていたのが、長男坊でもなく、お金を持っている義理の息子でもなく、年齢的には三番目の土井さんだったそうです。

 

でも、もうそういった煩わしさに悩まされる必要はありません。

この世でずっと苦労して来た分、安らかに眠って欲しいです。

正直なところ、本当はもうちょっとだけ、一緒に楽しい思い出を作りたかったです。

リオオリンピックのこの国の代表選手入場シーンをYouTubeで見せたかったし、日本のプライムミニスターがスーパーマリオだったところも見せたかったし、マリオのアプリもプレイさせたかったです。

初めての大きい飛行機で日本に連れて行って、大きい飛行機にはテレビが一人1台備わっていて映画が見放題だったりするのを教えて「ォワ~オ」って言わせたかったし(口癖です)乗ったことのない電車に乗って山手線が2分に1本来るところを見せたかったし、東京オリンピックでこの国の旗をブンブン振って周りの人に「なんだこの国??変な国旗」って思われたかったし、秋田の祖父母のところに挨拶に行ってこの国にはない大きい家に「ォワ~オ」って言わせたかったし、叔父さんに「叔父ちゃんにソックリなのも惚れた要因だよ」って自慢したかったです。

 

そして、お葬式の時に来てくれたたくさんの親戚とお友達を、本当は結婚式に招いて村中の人と笑顔で「初めまして」と挨拶したかったです。

 

土井さん、安らかにお眠りください。また会う日まで。

  

讃美歌第405番「かみともにいまして」

讃美歌第405番「かみともにいまして」

  • 新日本合唱団
  • クラシック
  • ¥250

 実は高校時代聖歌隊に属していたことがあって、事故死した生徒の追悼礼拝でこれを歌ったりしました。

 

世界のお墓

世界のお墓

 

 

*1:区画購入のお金がない人や都会でスペースがないなど、場合によっては、一人の埋葬者の上に、別の埋葬者を葬ることもあるそうです。ビックリ。