読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重たい女歴31年のわたしが色々書くブログ

日々雑感 タイトル設定から+1年が経過しています

自死遺族ではないわたしが自殺者3万人を考える

ネットで調べても「自死遺族」の反意語が見つからなかったです。

なんて言うんでしょうかね。単純に「他殺遺族」でしょうか。まぁ他殺の遺族というのがしっくりきますね。

コモンローワイフ、日本で言う内縁の妻は遺族に入るのでしょうか。

入らないかもしれないですね。一番愛し愛される仲なのに。

 

さて、おそらくこれはグリーフの過程なんだと思いますが、どうしても同じ状況の人を探してしまう自分がいます。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 (BUNCH COMICS)

もそんな思いがあって購入したのが正直なところです。また著者も同じ状況の人を探したり、応援してしまうと言っていましたね。

 

今の日本は年間の自殺者3万人と言われています。社会問題になっていますね。

厚労省こちらのページは一覧になっているので見やすいですが、スクロールして20代~30代の欄が目に入ると若干ゾッとするものがあります。

 

毎年毎年「自殺者3万人」と言われてはいるものの、そう毎年同じ数じゃないだろうと思ってちょっと調べてみますと、こちらのページでは、2015年はおよそ2万4千人との記載があります。でもそういう細かいことは求めていないので、ざっくりざっくりで(語感も加味しつつ)大体3万人とします。

中には天涯孤独の人だっていらっしゃるかとは思いますが、その3万人のほとんどには家族が居ると思います。少なくともヒトが生まれるには両親が必要です。

自殺者統計|自殺対策支援センターライフリンクというウェブサイトを読みますと、年配の方が多く見受けられるものの、例えば若い人には親が、年配の方にはもしかしたら子どもが居るかもしれません。

なのでざっくりざっくりですが、自死遺族は少なくとも年間3万人発生するわけです。

少なくとも年間3万人がやりきれない気持ちを持つんですね。3万人、少ないと思いますか?多いと思いますか?

 

話は逸れますが、2015年の他殺による死亡は300人くらいだそうで、これはわたしには「思ったより少ない」と感じます。300人「しか」いないんですね。しかも法治国家日本のことなので、ほとんどの場合が犯人が見つかっていることでしょう。

ちなみに土井さんは日本人ではないので、この国の犯罪による死亡者数とか知りたいところですね。

調べてみたら2015年は119人だそうです。

少ないって思いますでしょ?

日本の人口1億2千万人に対してこの国30数万人ですからね。犯罪率は日本より高いです。

それに対して自殺ははっきりした数字が出てないものの「比較的少ない」そうです。

それは住んでいる雰囲気で伝わってきます。国民性というか気質というか。ただ多民族国家なので、人種によって異なりそうです。

 

少なくとも3万人の自死遺族が、なんでなんでと後悔します。

少なくとも300人の他殺による遺族が、あの時あれをしていればと後悔します。

少なくとも3万人と少なくとも300人の中には、さよならもすることなく、突然大切な人を失う人が多いでしょう。

 

そして今現在を生きるほぼ全ての人が、何らかの原因でいつか必ず自分の大切な人を亡くします。

それでも殺されたり自殺だったりはレアケースなのかもしれません。

わたしはたまたま「アイラブユー」が最期の会話でした。

でも土井さんのお母さんは電話での「お母さん嘘付いてないよね?」という冗談の会話が最期になってしまいました。

だから大切な人にはありがとうやさようならが言える間に言っておいたほうが良いと思います。

 

別れの言葉はとかく悲しいものです。でも言えないのもすごくすごく悲しいです。

いつがお別れなのか分かる人は少ないです。大切な人のお別れの瞬間に一緒に居られる人も少ないと思います。

でも言えないと後悔するから、言える時に言いたいことは言った方が良いよ、とつくづく思う最近です。

 

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 (BUNCH COMICS)

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 (BUNCH COMICS)

 

 

 

日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか (ちくま新書)

日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか (ちくま新書)